[戻る]
リ−ガスベコニア大きくならない
ロマンス・グレー 2017/12/11(月) 14:30:49
5/16頃挿し木しましたが、わきめが2つ出ていますが、
挿し木したときのまゝ大きく背が伸びない
どうすれば、大きくすくすく背が伸びるのですか、
教えて下さい。

キム 2017/12/11(月) 18:54:33
ベゴニアに適した用土に植え替えしましたか?

環境作り 2017/12/12(火) 22:46:21
個人的な思い込み・・・エラチオール自体は、好きなのですが、管理が面倒なのと冬場の置き場所が無い為に、数回失敗した(3年以上守れなかったた)が未練はあります。特に大輪系の球根ベゴニア。

独断と偏見による私見
エラチオールや球根性は、栽培上の難易度は、市販品のリーズナブル価格とは裏腹に上級編に位置しています。
従って、一季節的なインテリア植物、贈り物的草花と割り切ることです。慣れて、一寸したコツを掴んでいないと、初心者にはお勧めできません。

栽培環境が、もともとから合致しているとか石の上にも3年と言いますから、本気で3年間の経験値があれば、別ですが。
若しくは、栽培農家へ3-4回出向くとか

リーガンス栽培のコツは、園芸資材(土、肥料、農薬等)より、環境づくりです。
日本では、夏にも冬にも、弱い事に原因があります。
自生地が熱帯のやや高山系や渓流付近とか
http://www.g-tabi.com/guide/yunnan/yunnan-qihou.php

従って、設備がいります。(高価な空調温度管理ハウス〜室内ガラスケース〜熱帯魚や金魚の水槽〜安価でそこそこ大きな廃物ガラスケース)

その設備でどの環境を作るのかと言えば
大気地温温度 20℃前後 (最低最高温度計)
大気湿度   70%以上  (湿度計)
明るさ    5000ルクス(昼間10時間前後3000〜10000ルクス 晴天の北側窓辺 夜間のコンビニの10倍 屋外晴天の日当たりの1/10 程度の明るさ) (ルクス計)

枯れるというより、成長が止まることに問題が発生します。
繁殖は、簡単ですが、継続的な成長の維持が面倒。

故に、趣味の園芸としては、マニアック系で、セントポリアが入門編かも。テラリウム系。
身近では主役のアイスクリームには、口直しのウエハース、薔薇には、クレマチスと同じようなものかも
尤も、ほったらかしでも花が咲き枯れることも少ない、バラやクレマチスは、球根性等と比較すれば、入門者系かも。

慣れればどの植物でも、それなりに育て楽しむことはできますが、西洋ラン同様に面倒な草花系です。
東洋ランは毎年咲いても、西洋蘭は2-3年に一回チラホラと咲く程度のすぼらな維持管理体制です。
どうせ育てるのなら、すぼら管理でも、花一杯(春に華やかに、秋には高貴に、年中何かがそれなりに咲いていないと)に咲かないと面白くない癖が抜けません。

あくまでも、個人的な思い込みです。


モバイル園芸相談センター