[戻る]
金柑が急に枯れました
ヤス 【九州】 2018/04/02(月) 10:16:51
旅行から帰ってみると庭の金柑(高さ1.5メートル)の葉が、内側に巻いた状態で白くなって枯れ始めています、病気なのかなんなのかわかりません。どなたかご存じの方、教えてください

柑橘 2018/04/02(月) 12:50:02
1) 株元にゴマダラカミキリ虫が産卵し、茎の中に越冬幼虫が住み込んでいる可能性があります。
この場合には、虫メガネで極めて小さい穴を探すか、どのみち金柑は、回復せず枯れてしまいますから、株元を伐採して、縦割りや横割りをして、そこそこ大きなトンネルを見ることができます。
成虫になり、すでに離巣をしているのなら、大きな穴が開いているか、木屑が落ちていますから、すでに気が付いているはずですから、質問の表現方法も違ってきます。

2) 次に、思い浮かぶ 疑惑は、根腐れカビ菌の存在です。
この場合には、化石の発掘調査のイメージで、株元の根を丁寧に掘って根の状態がどうなっているのかを調べれば、その原因が良く解るかもしれません。

柑橘系の中でも、金柑は強い方です。又鉢植えと違って、地植えの事ですから、他の原因はないようにも思われます。
枝の一部が枯れた、新芽が枯れたというのなら、別ですが。

稀に、根きり虫の大量発生による根の切断と新葉の萌芽のアンバランスによる脱水症状やモグラのトンネルにより、根が傷んだり、乾燥して、傷む場合がありますが、春先の事でもあり、今年は、いくら雨が少ない温暖晴天続きと言っても、その可能性は、少ないと思われます。

いずれにしても、柑橘系は、葉が丸まり始めたら、株元を伐採し、その切り口に、接ぎ木でもしない限り、回復は難しいものです。
概ね、長く持っても、3年で、早ければ、この夏を越せる状態ではないと思われます。

これは、旅行に行く行かないにかかわらず、そのような状態になっていたと思われます。
去年の夏から、始まりだし、今になって、症状が現れたものと、割り切った方が良いようにも思われます。


柑橘系が、短時間で枯れやすく回復しない原因を突き詰めれば、原因はいろいろとありますが、コンポンは、水分枯渇による樹内脱水症です。水持ち水揚げが悪い。
これは、柑橘独特の癖があるからです。


モバイル園芸相談センター