[戻る]
たんかんは実がつくのか
カズちゃん 2018/07/07(土) 10:49:05
5、6年ほど前に奄美大島の知人からタンカンをもらいその種で
植えた木(自生苗)が今では2メートル程に成長し花、実がつくのを楽しみにしていますが未だにいっこうに花も咲きません、骨粉入りの油粕も年に2回施しています。
地域の特性上無理なのでしょうか、ちなみに私は愛知県の在住です、宜しくお願いします。

天命と中庸 2018/07/07(土) 17:50:44

桃栗3年、柿8年、梅はすいすい13年、柚子は大バカ18年、りんごニコニコ25年、 女房の不作は60年、亭主の不作はこれまた一生、あーこりゃこりゃ

この格言に代表されているように、
気を長くして、お気楽にということなのでしょう。

>たんかんは実がつくのか
>地域の特性上無理なのでしょうか

そのようなことは、有りません。

生かされていれば、タネを蒔けば、必ず根も芽も生え、やがて葉も茂り、それなりの栄華盛衰を繰り返しながら、花も咲けば、実もなり、子孫もできます。
これが、神が創造した資格を付与されたモノに対する、絶対命令です。宿命ともいう。

>私は愛知県の在住
ミカンの由緒ある産地の一つが、お隣の静岡です、又山形でも、露地栽培で蜜柑は栽培されています。
対岸のアメリカでも、稀に大寒波で、熟れたミカンの果実が、凍結し、果実にツララが垂れている光景が、NEWSで放映されたりしています。それでも、大産地です。

比較的実成が簡単で、早いといわれている、レモンでも、8年目で初収穫という、実生レモン栽培記録で、報告されています。
より詳しくは、柑橘産地の、果樹試験場か、専門の大学博士等に聞いた方が、良いかも。この根拠は、暇つぶしの石潰しで、非効率な新品種交配して、遊んでいますから、体験しているはずです。全くもって、税金泥棒には、困ったものです。
せめて、消費税分だけでも、出資者に、配当還元せよと言いたい。

概ね、樹高長さ基準より、株元の根頭の、太さを基準とした方が、良さそうな気がします。

更に、他の問題もあります。
接ぎ木ハイブリッドである。
雑種交配ハイブリッドでもある。
多胚性と単胚性があり、更に珠心胚実生の区別の必要性もある。

簡単に言えば、汚れている事は、神の趣味に合わない故、余程、日頃の行いを清くして、育まないと、

>実(美味しいタンカンの収穫)がつくのを楽しみにしています
神の怒りにふれ、資格はく奪処分などにより、期待に、沿えそうもありません。
我々には、神そのものも観えないし、神の判断基準も、明示されておらず、どのように対応してよいのやら、神の気紛れには、全くおじょうしまっせという事かも。

となれば、気を長くして、そのまま見守るしかない。

若しくは、気紛れな神の、意向を無視して、裏技を利用するしかない。

天命と中庸 2018/07/07(土) 20:19:30
この農林省のHPの回答が、短文にし、明確かも
http://www.maff.go.jp/j/heya/kodomo_sodan/0006/17.html

但し、アドバイザーでなく、何処の部門の誰が、回答したのかの水面下(通称、学識経験者とか諮問委員ともいう)
少なくとも、農業試験研究所に問い合わせたものと思われる。
となれば、環境条件は、試験場の圃場たる地植えとなる。鉢植えではない。

カズちゃん 2018/07/12(木) 20:18:44
[[解決]]
回答有難うございました、
抜いて別の柑橘を植えようかと思っていましたが、
あと4,5年気長に様子を見てみようかと思っています。


モバイル園芸相談センター