[戻る]
風害によるぐらつき カイヅカイブキ
あかり 2018/10/09(火) 18:57:48
台風の被害により、生垣にしていたカイヅカイブキの根元が少しぐらぐらしてます。(女性の力で少し押しただけで、両端の木だけぐらつくようになりました。)
以前より、強風を気にして、自己流でまめに剪定しまくってきましたので、割とスースーした感じになってます(あまりにもマメにしたため、葉が少し、先祖がえりもし始めてます)。高さも2M程度に抑えてます。
根元の直径は10cm程度です。

質問A:もし、これを根(種になる太い根だけ)まで抜くとすれば、重機なしで、抜けるのですか?(重機使用となると、費用が高くつくので。)

質問B:もし、根を抜かずに、根元でカットした場合。
新しい苗木を植える場合は、すぐ横に植えることになるのでしょうか?

質問C:もし、根を抜かずに、根元でカットしても苗木を植えないで、セメント(コンクリート)を敷く場合は、地面下にある根っこのことを心配しなくてもよいでしょうか?(腐食とか)

質問D:「カイヅカイブキは、ゴールドクレストとは違って、根っこがはる木だ」と、聞いたことがあります。
少々のぐらつきであれば、そのうち根っこが増えて、2、3年後にはぐらつきがなくなるでしょうか?

よろしくお願いします。

シンク 【九州】 2018/10/22(月) 21:44:34
回答D:我が家もカイヅカイブキが台風で斜めになったことがあります。
    それ以上は傾かないようにロープで固定したところ、いつのまにかぐ    らつきはなくなりました。3メートルほどの高さの木です。植え場所    の問題でロープを使いましたが、支柱を立てる方が一般的だと思います。

あかり 2018/11/06(火) 09:31:54
未解決ではありますが、ここでいったん「解決」とさせていただきます。
ありがとうございました。


モバイル園芸相談センター