[戻る]
果樹苗木の芽落ち
見習い 【甲信越】 2018/04/03(火) 00:22:21
昨年冬直前に植えたサクランボの苗木から芽が出かかったのですが、伸びる前にヒヨドリか虫に取られてました?
芽が出てるので根は生きていると思いますが、この先他の場所から芽が出るようにするには、どのような事をすれば良いのですか?
よろしくお願い致します。

新芽とは 2018/04/03(火) 01:04:16
基本的には、そのまま放置していても、棄損した新芽の付け根もしくは、棄損芽の直下の節(落葉跡、常緑樹の場合なら、葉柄の付け根、葉腋、定芽)から新芽は生えてくるはずです。
自然とは、大変上手く調和しているもので、小鳥や虫の食害に対しては、強く自然に芽が吹いてきます。
害虫の産卵、大きな自然災害(折れる裂ける)、野獣の場合には、別の手立てが必要になる場合があります。(不定芽又は定芽覚醒の萌芽促進と癒合処置)

景観上不細工なら、枝又もしくは、幹枝の付け根から、3節程度残して切れば、切り口直下の節から新芽が萌えてきます。
一応、サクランボと言えども、サクラの仲間ですから、樹皮は乾燥に強いですが、中心は、乾燥腐食に弱い面があります。
そこで、切り口が極めて細くても太くても、切り口からの、腐食乾燥抑止の為に癒合剤(高価)を塗っておいた方が無難です。
面倒なら、100均の紙糊ではない、接着剤又は、車かバイクのエンジンオイルなどでもよい。エアー噴霧タイプのさび止めオイルや食用油は、ダメですね。

見習い 2018/04/05(木) 08:04:03
[[解決]]
新芽とはさん、カキコミありがとうございました。
火曜日の朝、直ぐに癒合剤を塗りました。
新芽が取れた時の対策は知らなかったので、助かりました。
本当にありがとうございました。


モバイル園芸相談センター